30代の首の老化なら早期発見と治療が今後を左右する

頚椎症は、老化が原因で起こる病気です。
しかし、老化なんてまだ先の話だと思っていませんか?
実は、クビの老化が30代から始まっていると知っていますか?
では、その症状について紹介します。

クビの老化は30代から始まっている

30代の身体は、20代と比べると、体力が落ちたと感じる事もありますが、まだまだ働き盛りで老化という言葉がピンとこないかもしれません。ですが、すでに30代からクビの老化は始まってしまっているのです。

どのような症状が出るのかというと、まずクビの筋力が低下してしまう事で、重たい頭を支えるサポート力が弱くなります。
その結果、肩こり、頭痛、めまいなどの症状が現れるようになります。

1日パソコンのモニターを見ながら、同じ姿勢で仕事をしていると、30代でも肩こりに悩まされる人は少なくありませんよね。
実は、肩こりの原因も老化の一環だという訳です。
肩こりの症状に自覚があっても、それで病院へ行こうと思う人はほとんどいません。
そのため、症状は悪化し、腰痛や眼精疲労などの症状も現れるケースもあります。
そして、将来的に、頚椎症になるリスクを高めてしまっています。

なので、クビの老化を遅らせるために、日頃からして欲しい事は、クビに負担が少ない正しい姿勢を心掛ける事です。
そして、長時間同じ姿勢を続ける場合は、適度に休憩を挟みながら、ストレッチなど軽い運動をして、固まってしまった筋肉をほぐすようにして下さい。

頚椎症の初期症状は案外放置されがち

どんな病気であっても、早期発見、早期治療に勝る治療法はありません。
では、初期の段階で、どのような症状が現れるのかというと、肩やクビのこり、手や腕のシビレ、頭痛、握力の低下などです。
この段階であれば、日常生活に支障が出るというモノではないので、症状に自覚があっても放置されがちです。

頚椎症の重度症状になってからでは遅い

ですが、重度の症状になると、痛みは酷く、手足のシビレにより、歩行困難な状況になったり、膀胱や腸管の機能が損なわれるケースもあります。日常生活が困難になる病気だという事を理解しておいて下さい。

ちなみに、診断方法は、MRI検査やCT検査を行う事で、脊柱管がどれぐらい狭くなっているのか、そして脊髄や脊髄神経根がどれぐらい圧迫されているのかを調べる事ができます。