頚椎症の治療・保存療法について

頚椎症の治療方法は、いくつかありますが、大きく分類すると、保存療法と外科的治療の2つに分類する事ができます。
では、一般的に保存治療から治療が行われる事が多いので、保存治療の内容について紹介します。

薬物治療などの保存療法の内容について

「薬物治療」は、クビの筋肉をほぐす場合には、筋弛緩剤が処方されます。
炎症がひどい場合には、炎症を抑える薬として、ステロイド剤や消炎鎮痛剤、抹消神経改善剤などの薬物で痛みを和らげます。
痛みが和らいだ後は、安静な状態で凄し、療養をする事で病気を治します。

「神経根ブロック」は、頚椎症性神経根症の症状に対して効果的な治療法です。
直接、神経根に炎症を抑えるブロック注射を行う事で、神経根の症状が改善され、痛みが軽減されます。

「理学療法」は、温熱やレーザー、低周波などを用いて痛みやシビレの症状を和らげます。
血行の流れをよくするため、温めて治す事が基本となります。

クビの痛みを感じた際に、湿布を貼るという人も多いでしょう。
湿布には、冷たい湿布と温かい湿布が販売されていますが、必ず温かい湿布を使用して下さい。
「装具療法」は、クビを保護する専用の装具・カラーを装着して、クビを固定する事で、頚椎症の症状の悪化を予防します。

日常生活で症状を悪化させないためにして欲しい事

保存療法の治療を行い際は、病院で入院する事はなく、自宅での療養となります。
そのため、自宅で症状が悪化しないため、自宅環境を整えておく必要があると言えるでしょう。

まず、なるべくバリアフリーな状態が望ましいと言えます。
段差につまづいて転倒するなど、クビに負荷がかからないよう、段差をなくす、モノを片づけるなど、視界をよくしておきましょう。
症状が悪化すると、手足のシビレの症状が現れる場合があるので、階段やトイレ、お風呂場などに手すりをつけておくと安心です。

そして、日常生活では、クビを反る動作をしないように、注意して下さい。
特に歯磨きでうがいをする際に、無意識でクビを反る動作をしがちです。
また、寝るときも、寝返りをうち、クビを傷めるという事がないように、クビが前屈する姿勢で寝られる専用の枕が存在します。

できれば、外科的治療ではなく、保存療法で完治したいところです。
なので、保存療法と日常生活で、クビに負担をかけない生活を心掛け、病気を治しましょう。