頚椎症が引き金で起こる病気とは

頚椎症とは、クビに痛みやシビレを感じる病気の事ですが、この病気が引き金になって現れる病気が3つあります。
では、その3つがどのような病気なのか、紹介していきます。

頚椎椎間板ヘルニアについて

ヘルニアというと腰痛のイメージが強いですが、頚椎にも椎間板があり、クビにもヘルニアが発生する可能性があります。
ヘルニアとは、椎間板の中心になる髄核と呼ばれる柔らかい部分が、飛び出してしまい、神経を圧迫している状態の事です。
神経が圧迫されているため、激しい痛みを伴い、さらに手足のシビレ、頭痛や眩暈も生じます。
特にクビを反らそうとした時に、腕や背中に激痛が走り、症状が悪化すると、歩行や排泄も困難になってしまいます。

頚椎症性脊髄症について

脊髄とは、背骨の中に存在し、脳まで繋がっている神経の事です。
そして、この神経が圧迫されると、手先を使うような細かい作業ができなくなるケースがあります。
また手先だけでなく、足を前に出す事ができない、早く歩く事ができないなど、歩行に問題が生じるようになります。
これらの症状が、両脚に出てしまうので、歩行や排泄行為が困難になってしまいます。

頚椎症性神経根症

神経根とは何かというと、手や足などの末端を動かすための神経の事です。
そして神経根が圧迫されると、クビや肩に痛みや、手足のしびれなどの症状が現れます。
時に、力が入らず、脱力状態になってしまう事もあるので、日常生活で注意が必要です。
症状は両側ではなく、片側に出る事が多いのが特徴です。

頚椎症とは、頚椎で起こる病気だから、クビの痛みやシビレだけと思っている人もいるかもしれません。
ですが、実際には、クビにはたくさんの血管や神経が通っている重要な器官です。

その期間が圧迫してしまう事で、全身に様々な症状が現れてしまい、重度の症状になると寝たきりになる恐れもあります。
そのため、初期の症状が現れたら、早期治療を心がけて下さい。

初期の症状では、我慢できる痛みかもしれません。

ですが、治療を受けない限り、症状が改善される事はなく、悪化する一方です。
そのため、重度で自分一人では病院へも行けなくなってから治療を受けるのではなく、なるべく早い段階で治療を受け完治を目指しましょう。