日常生活に大きな支障や困難が生じる頚椎症の恐ろしさとは

頚椎症とは、クビに痛みやシビレが発生し、症状が悪化する事で日常生活が困難になってしまう病気です。
病気の原因、症状、治療法、予防方法について紹介します。

老化や生活習慣が原因で発症しやすい頚椎症

まず原因は、老化が大きく関係しています。

老化や生活習慣が原因で発症しやすい頚椎症
老化は30代には、すでに始まっていて、50~60歳で病気が発病するケースが多くなっています。
老化が原因で頚椎でクッションの役割をしている椎間板が、正常に機能しなくなり、椎間板が変性してしまいます。

ただ、老化だけが原因ではありません。
日常生活で、クビに負担をかけてきたかどうかによって、椎間板にビビが入ったり、潰れてしまったりします。
つまり、老化+生活習慣が原因だと言えるでしょう。

頚椎症だと手や腕にシビレ症状で痛みもひどくなる

肩こり、頭痛、めまいなどの症状が現れている時には、身体に不調を感じていても、自覚症状は全くない状態です。

その後、肩やクビの凝りが酷くなり、手や腕にシビレが発生します。

頚椎症だと手や腕にシビレ症状で痛みもひどくなる
握力の低下などの症状が現れ出すと、病気の初期の症状となります。

そして症状は自然治癒する事はなく、どんどん悪化する一方です。
重度の症状にまで悪化してしまうと、痛みもひどくなり、手足がシビレ歩行すら困難になってしまいます。
また排泄行為もできなくなり、日常生活を送る事が困難になります。

The recommendation site
クレジットカード現金化(2017年)優良店舗29社なら即日お金コムとは
お金を作ったり、換金したり、買取したりと現金が欲しい人はこちらのサイトを参考にしてみて下さい

ここまで病気が進行してしまう前に、必ず治療を受け、症状の改善を目指すようにして下さい。

頚椎症の治療には痛みを抑え安静な状態で療養する

治療方法は、いくつかありますが、初期症状のうちは、保存療法で症状は改善します。
保存療法とは、薬物治療により、痛みを抑え安静な状態で療養します。

頚椎症の治療には痛みを抑え安静な状態で療養する
ブロック注射を行い、神経根の炎症を押えます。
温熱やレーザーなどで、身体を温める事で、痛みを軽減させる理学療法も効果的です。

ただし、症状がすでに悪化している場合や、保存療法を行って効果がなかった場合には、外科的治療を行います。
手術の方法は3種類ありますが、基本は頚椎の圧迫を取り除く手術となります。

頚椎症治療ならストレッチやマッサージで予防する

ただし、治療を行うよりも、病気にならないように予防する事の方が重要だと言えます。

頚椎症治療ならストレッチやマッサージで予防する
特に注意が必要なのは、デスクワークで1日中同じ姿勢で仕事をしている人です。
すでに頭痛や肩こり、目の疲れなどの症状に悩まされているかもしれません。
この場合、病気の予備軍とも言える状態なので、注意が必要です。

姿勢を正す、筋肉をほぐすため、ストレッチやマッサージをする。
整体で身体の歪みを定期的に治してもらうなど、予防に努めましょう。
血行の流れをよくするために、適度に運動をしたり、クビを温める事も効果的です。